負担がかかりにくい下肢静脈瘤の治療は注目されている

かかりつけ医を持とう

早めの治療が大切です

なんとなく具合が悪い、そんなとき、ちゃんと受診していますか。我慢できる程度の症状だと、医者にいくのが面倒ということもあり、つい放置してしまうことも多いのではないでしょうか。本当に大したことのない風邪程度のものであればそれで構わないのですが、それが何か重大な疾患の始まりだったとしたら大変です。あの時放置せずにちゃんと受診していれば・・・などと、後から思ったとしてももう遅いということがあります。おかしいな、と思ったらすぐに受診することをおすすめします。どの診療科を受診すればよいのかわからない、という場合はまず内科に行きましょう。内科は総合的な初期治療を行う医院です。専門の診療科の受診が必要ならその判断も含めて教示してもらえるでしょう。新宿には多くの内科がありますので、新宿で探してみてはいかがでしょうか。

アクセスの良さは大事です

最も良いのはかかりつけの内科医を持つことです。普段からこまめに受診する医院があれば、ちょっとした変化も相談することができますし、話もしやすいもの。ここで重要なのが、自宅もしくは職場からアクセスしやすいところにかかりつけ内科医を持った方がよい、というところですが、新宿などはおすすめです。何かとお世話になるであろうかかりつけ内科医が不便な場所にあるようでは、行くのがしんどくなってしまいますし、結果ちょっとした症状なら我慢してしまうという本末転倒の事態を引き起こしてしまいます。新宿であれば、仕事場がある方も多いでしょうし、乗り換えの駅として利用している方もかなりの数いらっしゃるでしょう。理想的には帰り道すがら寄れるような、そんなかかりつけの内科医を持ちたいものです。