負担がかかりにくい下肢静脈瘤の治療は注目されている

不要な血管を固めて消す

診察

硬化療法のメリット

下肢静脈瘤は膨らんでいる血管を縛ったり抜いたりすることで治療できますが、手術には入院が必要になる場合があります。これに対して硬化療法は注射だけで治療でき、基本的に日帰りが可能で手軽なため人気があります。施術の前には血液検査だけを受ければよく、施術そのものは10〜20分程度で終了します。また軽度の下肢静脈瘤なら1回の治療で完治します。ただし重症の場合は数回以上の治療が必要になります。硬化療法の施術後は、血栓を防ぐため弾性ストッキングを1か月ほど着用します。複数回の施術を行なう場合には、1週間以上の間隔を空けるのが原則です。術後に色素沈着が起こることもありますが、半年〜1年ぐらいで徐々に消えていきます。

硬化剤の種類

下肢静脈瘤の硬化療法は硬化剤で血管を詰まらせ、血液の流れを止めることを目的とした治療法です。と言うと血行障害を起こしそうですが、静脈は他に何本もあるので、特に問題は起こりません。使われなくなった血管は、やがて消滅してしまいます。硬化療法が考案されたのは19世紀半ばと言われていますが、人体に無害で効果の高い硬化剤が開発されてから、本格的に導入されるようになりました。日本で主に使用されているのはポリドカノールという薬で、0.5%〜3%の濃度があり、血管の太さや静脈瘤の大きさに合わせて選択されます。この薬には麻酔効果があって、痛みがほとんどないというメリットもあります。ただし硬化療法が適用できない場合もあるため、下肢静脈瘤の治療の際には医師から十分な説明を受けてください。

血液の病気に関して

女医

悪性リンパ腫は、きちんと治療することが大事です。こうした治療をするなら実積がある病院を見つけることが大事です。悪性リンパ腫の治療で全国的にも知られている病院などもあります。そうした病院は、治療実積も残しています。他の病院から転院してくる患者さんが多いのも特徴です。

More Detail

かかりつけ医を持とう

医者

体調が悪い時には、病院に行って診察してもらうのが最適です。しかし、病院に行くにも様々な診療科があるため、迷ってしまうという人も多いです。そのような場合には、内科を受診するとよいです。新宿の内科は数が多いので、ネットを利用して利用しやすいところを探してみましょう。

More Detail

腹膜の癌細胞

ナース

腹部の臓器で癌を発症すると、癌細胞が腹膜に広がることがあります。これが癌性腹膜炎で、治療は主に抗癌剤で癌細胞の増殖を抑えるという方法でおこなわれます。また腹水によって体が弱っていくので、それを抜き取る治療や、痛みを緩和する治療、自力で排出できなくなった尿や便を取り出す治療なども必要となります。

More Detail